サイトメニュー

美容整形の注意点

注射を打つ人

正しい効果を得るための注意点

短時間で施術が完了し、副作用のリスクも少ないボトックス注射ですが、本来の効果を得るためには気をつけるべきことがいくつかあります。まずは、施術前後は飲酒や激しい運動、入浴など体温を上げる行為は避けることです。ボトックス製剤は熱に弱いという特性があるため、体温が上がると効果が薄れる恐れがあります。施術前後は安静に過ごすようにしましょう。そして、施術後はマッサージするのも禁物です。マッサージした方が製剤がより浸透したり、効果がたかくなるということはありません。反対に、本来あるべき部位から製剤を拡散させてしまい、効果が薄れる可能性が高まります。また、刺激を与えることによって内出血してしまうこともあります。内出血しても2週間程で治りますが、顔にできると目立つので、しばらくの間は濃いメイクにしたりマスクをしたりと隠す手間がかかるでしょう。そのほかには、安さにつられて安いボトックス製剤を使用しないようにすることです。ジェネリック製剤の中には、不純物が混じり予期せぬ副作用が心配されるものもあります。料金は高くても、認可されている製剤や信頼度の高い製剤で施術を受けるのが賢明です。料金よりも安全性を第一に考え、施術を受けるようにしましょう。

ボトックス注射は簡単な施術とはいえ、医師の技術力によって仕上がりに違いが現れます。多く注入しすぎたり、ずれた場所に注射したりすると、不自然な仕上がりになることもあります。できるだけ理想に近く、ナチュラルな見た目に仕上げるためには、どの病院で施術を受けるかが重要です。病院選びの大切なポイントとしては、技術の高い医師が在籍している、口コミの評判が良い、相場に見合う料金設定であることがあげられます。技術の高い医師が在籍しているかどうかは、ホームページでボトックスの認定医がいるか確認したり、口コミサイトで腕の良い医師の情報を調べたりしてチェックできるでしょう。ボトックス注射の副作用として一般的な内出血は、医師の未熟な注射技術で起こるのがほとんどです。技術力の高い医師に施術してもらえば、副作用のリスクを減らすことができます。相場に見合う料金設定であるかは、色々な病院の料金を調べ比較することが大切で、あまりにも相場からかけ離れている病院は避けるのが賢明です。良心的な料金を通り越して安すぎると、使用している薬剤や機材に問題がある可能性があり、高すぎてもぼられている心配があります。また、万が一の時のためにアフターケアのしっかりしている病院を選ぶようにしましょう。

Copyright© 2020 施術前に確認しておいた方がいいことを調べよう All Rights Reserved.